クレジットカード現金化の仕組みとは?どうやって現金化をするの?

クレジットカードとコイン

クレジットカード現金化の仕組み、商品買取方式とキャッシュバック方式という2つの現金化の方法について、メリット・デメリットを詳しく解説します。

初めてクレジットカード現金化を利用するという方は、本記事をご参考にしてください。

クレジットカード現金化とは?

一枚のクレジットカード

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠をお金に換えるという金策のことです。

お金がない時でも、クレジットカード現金化を活用することでお金を手にすることができます。

クレジットカード現金化では、クレジットカードのキャッシング枠ではなくショッピング枠を利用します。

キャッシングは借金ですが、ショッピング枠は普段の買い物や支払いに使用する枠です。

そのためクレジットカード現金化はお金を借りることなく、お金を手にすることができます。

それでは続いて、クレジットカード現金化のメリットとデメリットを簡単に見ていきましょう。

クレジットカード現金化のメリットとは?

クレジットカード現金化の最大の特徴は、上述の通り借金ではないということが挙げられます。

借金ではないためクレジットカード現金化には次のようなメリット・利点があります。

  • 金融ブラックでも利用できる
  • 信用情報の審査がない
  • 信用情報に記録されない
  • 利息の返済がない

クレジットカード現金化を活用している方の多くは、専業主婦やブラックリスト入りになってしまった方、フリーター・無職といった方です。

審査不要でお金を手にすることができるため、上記のような方々でもクレジットカード現金化を利用することができます。

また信用情報に記録されることがないため、住宅ローンや学資ローンの利用を考えている方や職業柄信用情報に傷をつけたくないという方にもクレジットカード現金化は利用されています。

クレジットカード現金化のデメリット

一方でクレジットカード現金化には以下のようなデメリットも存在します。

  • 違法ではないが、法的にはグレー
  • クレジットカード会社は禁止している
  • 詐欺や闇金が行なっていることがある

クレジットカード現金化は違法なサービスではないため、利用しても法的処分が下されることはありません。

しかしながらグレーゾーンなサービスですので、ご利用の際にはくれぐれも周囲の方にバレないようにしましょう。

加えてクレジットカード現金化をカード会社は禁止しているという点にも、注意しなければいけません。

クレジットカード会社に現金化が発覚してしまうと、

  • ブラックリスト入り
  • 強制退会
  • カード残高の一括返済

といったペナルティを課せられてしまいますので、ご注意ください。

またクレジットカード現金化は法的にグレーなサービスですので、闇金や詐欺業者が営んでいる可能性があります。

そのような悪徳業者を利用してしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれたり個人情報が流出するなどの被害に遭ってしまいますので気を付けましょう。

くれぐれもクレジットカード現金化をご利用の際には、業者の安全性を重々確かめてから申し込みをしてください。

クレジットカード現金化の仕組みとは?

クレジットカード決済をする人

クレジットカード現金化がどのようなサービスかが分かったところで、次に現金化のより具体的な仕組みを解説していきます。

クレジットカード現金化の仕組みは主に2通りあり、

・商品買取方式
・キャッシュバック方式

という方法があります。

それぞれ現金化の方法がやや異なり、またメリット・デメリットがあります。

そのためそれぞれの特徴を次に詳しく解説していきます。

商品買取方式とは?

商品買取方式とは、利用者が購入した商品を現金化が買い取ることでクレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法です。

現金化業者に商品を買い取ってもらい、買い取ってもらった金額がショッピング枠現金化で手にできるお金となります。

クレジットカード現金化に使われる商品は、Amazonギフト券や家電製品、ギフトカード、ブランド品といった換金率が高い商品が一般的に使われます。

購入する商品は現金化業者に指定されますので、予め購入しておきましょう。

商品買取方式のメリット

商品買取方式のメリットは、現金化に使用する商品次第で、高換金率でのクレジットカード現金化が可能という点です。

例えばAmazonギフト券や新幹線の回数券などは85%〜90%近い換金率でやり取りがされています。

そのため商品買取方式であれば、高換金率でクレジットカード現金化をすることができます。

商品買取方式のデメリット

続いて商品買取方式のデメリットについても、詳しく見ていきましょう。

①手間がかかる

商品買取方式では、現金化に使用する商品を事前に用意しておく必要があります。

購入は利用者自身が行いますので、手間がかかってしまいます。

即日でお金を手にすることは可能ですが、それでも数時間程度時間はかかりますので、ご注意ください。

②クレジットカード現金化がバレやすい

商品買取方式によるクレジットカード現金化は、換金率の高い商品を自分で購入する必要があります。

Amazonギフト券や新幹線回数券などはクレジットカード会社が特に目をつけ現金化を厳しく見張っている商品です。

そのため商品買取方式によるクレジットカード現金化ですと、現金化行為がバレやすいという欠点があります。

クレジットカード会社に現金化行為がバレてしまうと、上述の通り様々なペナルティを課せられてしまうかもしれません。

特に金融ブラックになってしまうと、クレジットカードを作ることができなくなってしまったり借入ができなくなってしまいます。

また社会的信用も低くなるといった弊害があります。

くれぐれもご利用の際にはご注意下さい。

キャッシュバック方式とは?

キャッシュバック方式とは、現金化業者が販売する商品を利用者が購入し、キャッシュバックとしてお金を受け取るという現金化の方法です。

具体的な手順は、以下の通りです。

①現金化業者が販売する商品をクレジットカードで購入する
②商品を購入すると、キャッシュバック特典としてお金が入金される
③キャッシュバックのお金が現金化で得たお金となる

それではキャッシュバック方式のメリットとデメリットをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

キャッシュバック方式のメリット

キャッシュバック方式のメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

⑴自分で商品を用意する必要がない

⑵スピーディーに現金化ができる

⑶クレジットカード現金化がバレにくい

それぞれ詳しく解説していきます。

①自分で商品を用意する必要がない

キャッシュバック方式では、現金化業者がクレジットカード現金化に使用する商品を予め用意してくれています。

そのため自分で商品を用意する必要がありません。

⑵スピーディーに現金化ができる

キャッシュバック方式では自分で商品を用意する必要がないため、スピーディーに現金化をすることができます。

ブランド店や金券ショップに出向く必要がなく、現金化業者に申し込みをすれば即日でお金を手にすることが可能です。

お急ぎでクレジットカード現金化を希望される方は、キャッシュバック方式がオススメです。

⑶クレジットカード現金化がバレにくい

キャッシュバック方式では、商品買取方式と異なり自分で換金率の高い商品を購入する必要がありません。

そのためクレジットカード会社に怪しまれることなく、安全に現金化をすることができます。

「クレジットカード会社から金融ブラック入りなどのペナルティを課せられたくない…」

とお考えの方でも、安心してご利用できます。

キャッシュバック方式のデメリット

キャッシュバック方式のデメリットは、商品買取方式に比べると手数料がという点です。

現金化業者からすると、商品を事前に用意しなければいけませんし、商品を配送する手間もあります。

したがって5%程度、換金率に差が生まれますので注意しましょう。

まとめ

財布に入ったクレジットカード

クレジットカード現金化の方法・仕組みについて詳しく解説して参りました。

それぞれの方法ごとに違いがありますので、ご利用前には二つの方法を比較・検討してどちらを利用するかを決めるようにしましょう。

ただ近年では、手続きの簡易さと安全性が上なことから、商品買取方式よりもキャッシュバック方式の方が一般的となっています。

ほとんどのネット型現金化業者では、キャッシュバック方式を採用しています。

一方で数は少なくなってきましたが、店舗型現金化業者の方では商品買取方式を用いていることが多いようです。